だから。恣

よくわかりません。

ユーノス800のにおいに酔う

 

水族館のタカアシガニを見てゐしは
いつか誰かの子を産む器

 

坂井修一さんのうた。

 

ゐの意味も知らない私たちをちょっとバカにして先生は教えてくれたっけ。

 

2年前どうしてもなにもできなくて辛くて仕方ないとき、ひとりで新潟の長岡に行きました。

なんで新潟なのかっていうと、憧れの人がいるとこだったのと、車に乗れないのに関越道の存在を知って、わあ!すぐ新潟まで行けるんだ!って感動したから。

 

実家の車はずーっとマツダ

ユーノス800とボンゴフレンディが駐車場にならなんでた。

その前はロードスターもいた。

最後にはデミオにおちついたんだけど、どれも素敵なくるまです。

 

長岡で何をしたかというと。特になにもしていないのです。当日はどしゃ降りで。ほんとはミイラになった仏様をみにいこうかと思っていたのだけど、ひとりだし、微妙に日にちが合わなかったのでやめました。

 とりあえず駅前のイトーヨーカドーDDRをして、バスにのって寺泊水族博物館にいった。

素敵なとこだった。どしゃ降りだったから全く人はいなかったのだけど、屋上のアザラシがとんでもなくキュートでにこにこしてこっちをみてくれてた。あれはアイドルだ。

 

寺泊水族博物館は海の中にたってるかのような水族館で、上の階には座って間近の海を見渡せるスペースがある。

どしゃぶりで大雨で大荒れの海を眺めながら思い出したのがタカアシガニのうた。

 

この歌は隣にいる彼女であろう人をとっても冷めた目でみているよね。

いつか誰かの子を産む器

うつは、って。だれかのこ、って。

僕の子ではないんだ、ってことが分かっているからこう言ったのかな。

彼女に対してもだけと、女のひとに対してうつは、ですか。

 

すっごい冷めた目でみてるんだろうな、って、きっと世界を