だから。恣

よくわかりません。

マタイによる福音書 27章46節

まだ足で顔を踏んだりしてない頃、サウンドノベルが流行っていた。

有名所だとKeyのCLANNADとかKanonとか。

もともとアニメ好きだったのでAngel Beats!とかAIRとかリトルバスターズ!とか全部すきでした。

Rewriteはみてません。だめでした。ちょっと年取るとあーいう純粋なやつはもうみられなくなる。

 

そういえばリリィシュシュのすべてとかもそれくらいのとき、中学生くらいのときにみたんだっけなぁ。

 

んで、KeyのCLANNADとかAIRとか、それら作品はもともとエロゲと呼ばれるものでエッチなシーンがあってゲーム自体にR指定がついていて当時の私には買うことができなかったのだ。パパやママにそんなエッチなゲーム買ってなんていえないもん。もちろんR指定が着いてないバージョンも発売されていたんだけれども、後々詮索されて問い詰められるのもめんどくさいしね。パパやママは同時の私にそういうことに関してとてもうるさかったのだ。

だから、無料で手にはいる評判のいいサウンドノベルをいくつか体験した。

その中でも特に印象的だったのはnarcissu

 

大きく分けて2人分の物語に別れてたっけ。いまでもテーマソングはたまにきく。絵も綺麗だし、音楽も素敵で文章も読みやすい。

 

一人目の主人公はクリスチャンで、毎週日曜日にお祈りをするシーンなんかがあった。

テーマソングの最初の歌詞は

 

祈ることを諦めた

透き通る空の朝

 

だ。

Cメロには

 

神様なんていなくて、本当は。

 

なんて歌詞が入る。

 

死を目前に、彼女はいろんなことを考えたんだろうね。

 

 

小川双々子さんのうたにこんなのがある。

 

風や えりえり らま さばくたに 菫

 

 

昨日の夜私はお酒に溺れながら弟とこの短歌についての話をしていた。

まずスミレ、がよめない。

えりえりらまさばくたにってなに?という弟。とある魔術みた?なんて

なんで最後にスミレいれるの?

エリエリレマサバクタニなんでしょほんとうは?なんでらま🐪?

 

なんて弟ははてなだらけの疑問をぶつけてきた。

 

私はもともと短歌の意味はあまり深く考えたりしないほうだ。よんだ人の背景によって感じ方がちがうから、答えはひとつじゃないし、だから答えをひとつにしてしまうことは解釈の輪を狭める事もあると思う。私は何かしら感じてるから好きな短歌とか、あるんだ。しっかりこの短歌はこういう意味!っていう考えはあまり持っていないのだ。

作った人の気持ちを読み取るのが短歌ではないじゃない。どこかに共感をするのが短歌の楽しみ方なんじゃないかな。

 

だからそんな弟になんでなんでといわれても、これはスミレってよむんだよ。最後にスミレをいれたのはなんでかな、文字数の調整かな。エリエリレマサバクタニは聖書の一部でなんで僕を見捨てたの、ってキリストの言葉みたいよ。ラマはサバクタニの砂漠に対応させたんじゃないかな。なんて事しか答えられなかった。

 

そんなとき弟が

なんで砂漠に風が吹くんだよ、なんて。

スミレはきれいな水のところにしか咲けないんだぞ。なんて

 

…ハッてスタンプをおして

私にこういったの。

 

神様は見捨てなかったんだね、なんて。

 

 

ファミレスの野菜ジュースはダイエットにはならない

 

健康診断のためにお菓子とお酒を禁止して、朝と夜のごはんを逆にした。

 

夜みんなごはんをたくさん食べると思うけど、夜はもう寝るだけなのでエネルギーはあまり消費しないの。

でも朝夜の分だけ食べれば動くからその分消費されるってことね。

 

結果

162.8cmの53.0kgでした。BMIは20

まずまずでした~。

 

去年は162.4cmの52.2kgでウエスト63cmだったんだけど、今年なんかウエストプラスになりすぎて二回くらい計り直しくらいました😂

増えてました😂😂😂😂

まあいいや。

 

今日は3カ月ぶりくらいにエッチ友達さんから連絡が来て。

でも最近性欲ないの。誰とでもエッチしたりもうしてないよ!って言ったらそうかそうか😊

って言われました。

でもこれでさよならなんて悲しいからまたごはんでも行こうねって一言残しておきました。

 

税理士の元カレさんとも、酷い別れかたしたけど、僕の事嫌いになった訳じゃないよね?なんて聞かれてそう。って答えて、この前10ヶ月ぶりくらいに、ごはん食べに行けたね。

 

何て言って別れたか覚えてるよ。

未来が見えないから、って。

確かに30歳くらい上だったの。

最初は結婚してほしいなんて言われて、でも私自身そんなんでいいのか、ってほんとに悩んで。

昔好きだった物理の先生が、

パパ活をしてその相手のお金持ちの人と結婚したとしても、よく考えてみろその先待っているのは介護だけなんだぞ。

なんていってたのを思い出したの。

でもそれをママに言ったら、何いってんの。お金あるなら老人ホームに入れちゃえばいいのよ!なんていってて、つくづくママって冷たいなあって思った。

 

未来を見ようとしてなかったのは私だけなのにね。

 

ずっともう裏切っている気がしている
助手席に海ばかりかがやく

 

江戸雪さんの短歌。

この税理士さんとお付き合いさせてもらってるときそう。ほんとに彼氏なのか、ほんとに好きなのか全くわからなかった。

はじめから寂しくて一緒になった相手だったから。

この人の車が好きだったな。

ラブホに停めるとき焦っておしりぶつけたりしてたけど。すぐイライラしちゃうから運転はすきじゃなかったけど。なびすけ、っていう小さなナビも、助手席のドリンクホルダーも、タバコばっかり吸ってる横顔も、カーブでも手を握っててくれる優しさも、運転しながらフェラチオした非現実感も。

 

そういえば、この歌は自分が運転してる歌ともとれるんだね。

最初は運転席に彼がいてそれでその人との関係を考えながら海を見ている歌に見えたけど、自分が運転していて、助手席にいないパートナーのことを思って、海の見えるところまでドライブしに行ってるのかもしれない。

 

海、いきたいな。

この前読んだ村上春樹の小説でね、海で焚き火をするお話があったんだ。

 

私も海で焚き火したい。

もっと寒くなってからがいいかな。

 

 

 

30000歩を捧げるから

 

今日はママと横浜の山手町にいってピアノを聞いて元町観光してそのあと中華街でたくさん小籠包をたべた。


f:id:moeginaclsio:20181009021116j:image

 

ママとは夕方にバイバイして幕張に向かいサイトの人と会いお話をして終電一本前で帰って来た。

先頭車両で面白い電車だった。

 

西武線下々の民(申し訳ないです悪意はありません。所沢より下りの方のことを私はこう表現しています。ごめんなさい。)にとってはもうこの電車が終電なんだよね。

まあこの電車も新所沢止まりだけど。それ以下は行けないけどね!!!

実家にはこの電車じゃ帰れなかったのよね!!!!!!!!はあ!

 

その電車のなかね。前にはコロナビールを握りしめた韓国人の背の高いお兄さんが二人

カンカン瓶を鳴らしながら私の前にたってておもしろかった。

左には頭の寂しいおじさんが女の子にラインをたくさんしていて

そのさらに左にはつり革に全体重をかけて、電車が揺れる度ぶらんぶらんするおじさん。

そのさらに左にはすごいロックバンドのミュージシャンさん。あーいうかたはなあに?えーっと、V系?メタルさん?と言うのかしら?武蔵関辺りで降りていったかしら。

髪の毛が重力に逆らって生えていたわね。

右には早く帰りたいおにゃのこ二人。

後ろには職場飲み会?大学サークルの帰り?のあまりいけてないグループ。昨日も友達の家に泊まってて~だから化粧品もちがくて~、髪のことには突っ込まないで~なんて、女の子の声が聞こえた。

 

本日私はピアノをききにいくという事で、それなりに気合いをいれていったの。

秋色のスカートにレースのトップス、グレーのカーディガンにこの前買ったサマンサの鞄、ママがくれたグッチのチェンジベゼル、アナスイのお財布とキーケース。

ヒールを履いていたのだけど、もともと身長が162cmあるので7cmヒールだと170cm近くなってしまうのだ。

普通の人より頭一個分大きいの。

 

だから、サイトの人とあうときはちょっと心配した。背の高い男の人だったらいいけど、そういうのってやっぱり、気にするでしょ?

 

電車のなかでも私より背の高い女の子はいなくて、普通に頭の寂しいサラリーマンは脳天をガン見できた。

 

つり革は全部とられてて壁がわにもたれかかることもできなかったから、直立してたんだけど、韓国人のお兄さん二人はあれ完璧に私がお兄さん側に倒れることに賭けてたよね。

残念ながら私はDDRの影響で体幹は多分普通の人より鍛えられてるのよ。ヒールでもそんなによろけないわ。

 

降りるときにはいけてないグループのお姉さんにあんなにヒールあるのにすごいよね~って小声で言われた。

 

30000歩歩いて疲れたからよく足のマッサージして寝る。おやすみなさい。

 

そういえば前日は小金井公園で夜中に散歩しにいってたのー!

 


f:id:moeginaclsio:20181009021051j:image

 

パパとママがわたしを愛して愛してくれたように

unconditional
un・con・di・tion・al /`ʌnkəndíʃ(ə)nəl←/
形容詞
無条件の,無制限の,絶対的な.用例

unconditional surrender 無条件降伏.

 

アンコンディショナリーの意味を知ったのは確か高3の夏だった。

無条件の愛について考えていたのだ。

無条件の愛ってなんだ?って

 

いままでギブアンドテイクが当たり前だったわたしのなかではかなり衝撃的だった。

 

パパやママが無条件に私のことを愛してくれていることは当たり前だったから。

それがつまり愛だってことはよくわかっていなかったのだ。

 

うちの家族は私が中3になるまで毎年夏は南伊豆の海へ。冬は草津の国際スキー場に行っていた。

 

パパがいつも運転をする。夜中に出て明け方や朝に目的地にいつもついていた。

喧嘩は酷かったけど、それでも本当に仲のいい家族だった。

 

ボンゴフレンディにテントやシャワー、BBQグッズなんかのたくさんの荷物をつめて、キャンプをしたり、スキーの板をのせたりしてありえないくらい楽しい夏休みや冬休みを過ごしていた。

 

パパにはもう両親はいなかったし、ママは姉妹や地元とあんまり仲が良くなかったから、私の世界はそこまでで幸せで、そこまでで完結していた。

たまにお正月なんかママの実家に帰ると心底うんざりする。ここまで仲の悪い姉妹がいるものか、と。

 

そんな大人をみて育ったからなのか私たち三兄弟はあんなんにならないようにしようね、って今住んでいるところは別々だけれども互いにそれなりに連絡はとっている。

仲良しなつもりだ。

 

小さい頃の思い出って美化されると思うんだけど、でもそれでも、家族で出掛けた日のあの朝日だけは私は忘れられない。

 

夜明け前誰も守らぬ信号が

海の手前で瞬いている

 

穂村弘さんのうた。

 

私の場合は夜明け前ではなくてもう明け方だったし、誰も守らぬ信号じゃなかった。むしろ朝の渋滞の中のそんな信号だったんだけど、それでも瞬いていたよ。信号も朝日もパパのまだ寝てていいよって優しい声も。

 

 

 

ユーノス800のにおいに酔う

 

水族館のタカアシガニを見てゐしは
いつか誰かの子を産む器

 

坂井修一さんのうた。

 

ゐの意味も知らない私たちをちょっとバカにして先生は教えてくれたっけ。

 

2年前どうしてもなにもできなくて辛くて仕方ないとき、ひとりで新潟の長岡に行きました。

なんで新潟なのかっていうと、憧れの人がいるとこだったのと、車に乗れないのに関越道の存在を知って、わあ!すぐ新潟まで行けるんだ!って感動したから。

 

実家の車はずーっとマツダ

ユーノス800とボンゴフレンディが駐車場にならなんでた。

その前はロードスターもいた。

最後にはデミオにおちついたんだけど、どれも素敵なくるまです。

 

長岡で何をしたかというと。特になにもしていないのです。当日はどしゃ降りで。ほんとはミイラになった仏様をみにいこうかと思っていたのだけど、ひとりだし、微妙に日にちが合わなかったのでやめました。

 とりあえず駅前のイトーヨーカドーDDRをして、バスにのって寺泊水族博物館にいった。

素敵なとこだった。どしゃ降りだったから全く人はいなかったのだけど、屋上のアザラシがとんでもなくキュートでにこにこしてこっちをみてくれてた。あれはアイドルだ。

 

寺泊水族博物館は海の中にたってるかのような水族館で、上の階には座って間近の海を見渡せるスペースがある。

どしゃぶりで大雨で大荒れの海を眺めながら思い出したのがタカアシガニのうた。

 

この歌は隣にいる彼女であろう人をとっても冷めた目でみているよね。

いつか誰かの子を産む器

うつは、って。だれかのこ、って。

僕の子ではないんだ、ってことが分かっているからこう言ったのかな。

彼女に対してもだけと、女のひとに対してうつは、ですか。

 

すっごい冷めた目でみてるんだろうな、って、きっと世界を

 

 

 

 

ねむねむにゃんこちゃん

 

また短歌の感想

 

愛することが追いつめることになってゆく

バスルームから星が見えるよ

 

俵万智さん。

この方はなんでしたか、不倫されてたんでしたか。

いつの歌かとか存じ上げませんが。

でもいまは家族を持たれていますよね。

過去の自分をどんな風に見るんだろう。

 

この歌はお風呂でお空を見ているってすてきなシチュエーションが綺麗に妄想できるのですきです。

冬の澄んだ空だったらいいな

 

愛することが追いつめることになってゆく

ってそれすごいジレンマでしょうね。

 

仕事からのバイトです。バイト中です眠くて仕方ないです。

短歌感想

以前書くだけかいて放っておいてしまったので。少しでも思ったことを書いておく。

 

「ぜんぶ好き」以外出口のない問いに
「おっぱいです」で勝負して散れ

 

穂村弘さんの短歌です。

この人のはおもしろい歌が多いですよね。たまに訳のわからないくらいすごいのもあります。

ぞうのうんちのうたとか。

 

私は素直な短歌だなあ、って思いました。

みんなおっぱい大好きですもん。

彼女さんに私のどこが好きなの?とでも聞かれたのかなあ。はたまた友人に?

でも最後に勝負して散れ、だから本人は散ることをきっとわかっているのでしょう。

 

そこまで聞くなら言ってやるよ!みたいなヤケクソな雰囲気を私は感じました笑

 

だってしょうがないよねえ、みんなおっぱい大好きだもの。